メディ‐メディとは? ‐ What is Medi-Medi?

皆さんは、『メディ‐メディ/Medi-Medi』という言葉をご存じでしょうか?

メディ-メディってちょっとかわいいカンジがするな~と個人的にはいつも思っていますが。。

多分、メディ‐メディの方はもちろんご存じだと思いますが、そうでない方はご存じないかもしれません。また、ご自分がメディ‐メディってことを知らない方も、もしかしたら、いらっしゃるかもしれません。

今日は、このメディ-メディについてお話ししますね。メディ-メディであることで受けられるベネフィットがある事を知らないで、損をしている方、結構いらっしゃると思いますので。

1.メディ-メディとは?

2.メディ-メディだと医療費はどうなる?

3.メディ-メディ・プランとは?

1.メディ-メディとは?

メディ-メディ/Medi-Mediとは、メディケイド/Medicaidメディケア/Medicareの両方をくっつけた言葉です。

つまり、メディケイド/Medicaidとメディケア/Medicareの両方に該当する方の事を、メディ-メディ/Medi-Mediと言います。

メディケイド/Medicaidとは、アメリカ合衆国政府の低所得者向け健康保険プログラムの事で、フェデラルとステートの両方の資金で成り立っていますが、運営はそれぞれの州政府が担当しています。州によっては、このメディケイドに『Medical Assistance』とか『Medi-Cal』という別の名前がついている場合もあります。

次に、メディケア/Medicareですが、これはご存じのとおり、65歳以上の方や障害のある方が加入できる健康保険プログラムで、これも合衆国政府のプログラムです。

この両方のプログラムの資格がある方が『メディ‐メディ/Medi-Medi』で、別の言い方では、『デュアル・エリジブルズ/Dual Eligibles』という言葉もあります。

ご自分がメディ-メディかどうかは、お住いの州の基準によって決められますので、州政府オフィスへお問い合わせをして、メディ‐メディかどうか判定してもらうのが良いでしょう。

もしもカリフォルニアにお住いの方であれば、私の方でもメディ‐メディの資格があるかかどうかざっくりと判定できますが、どちらにしても判明後は、申込手続きをする必要がありますので、州政府オフィスへ問い合わせされるのが早いですね。

2.メディ‐メディだと医療費はどうなる?

もしもあなたがメディケア/Medicareとフル・メディケイド/Full Medicaidの資格をもっていれば、あなたの医療費の大部分はメディケアとメディケイドでカバーされて、自己負担は非常に少なくて済むはずです。

例えば、メディ‐メディの方は、通常メディケアがカバーしない、もしくは、部分的にしかカバーしない介護老人ホーム、パーソナルケア、在宅および地域密着型のサービスと言ったサービスをカバーしてもらえる可能性があります。

また、お薬についても同様に、メディケア・パートDがカバーした後、メディケアがカバーしない部分をメディケアがカバーしてくれるかもしれません。

メディ‐メディの方は、この2つのプログラムを利用することで、医療費をグーっと抑えることができるのですが、、、

ここで、1人の人が2つのプログラムを1度に利用するにはどうすればいいのか?が問題になります。

実は、オバマケアが始まるまでは、この2つのプログラムの橋渡しをするものがなく、メディ‐メディであったとしても、片方のプログラムのサービスしか受けず、もう片方を取り逃す、という問題があったんですね。オバマ元大統領は、この2つのプログラムの橋渡しをメディ‐メディの方の為にするように

私は今でも、メディ‐メディなのに、両方のプログラムの恩恵を受ける方法を知らず、普通のメディケア受給者と同じ価格で医療サービスを受けて、メディケイドのサービスを受けてない。という方を知っています。

この問題を解決する為に、メディ‐メディ・プランという物ができたんですね。

3. メディ‐メディ・プランとは?

メディ‐メディ・プランとは、メディケアとメディケイド、両方のプログラムに資格のある方のみが加入でき、両方のプログラムのサービスを同時に受けられるプランの事です。

メディ‐メディ・プランには色々あるのですが、その中の一つが、デュアルエリジブル・スペシャル・ニーズ・プラン/Dual Eligible Special Needs Plans (D-SNP) と言って、通常の保険会社が提供するメディ‐メディの方用のHMOプランで、必ずパートD(プリスクリプション・ドラッグのカバレージ)が必ず付いてくるプランがあります。

こういったメディ‐メディの方の為に特別に設定されているプランに加入しておけば、片方のプログラムのサービスを取り逃すことなく、更には、保険会社が独自で提供するデンタル、ビジョン、ヒヤリングのカバレージや、フィットネスクラブ、医療施設へのトランスポーテーションサービスを$0か非常に安い価格で受けることができます。

当たり前ですが、メディ‐メディ・プランのベネフィットは、普通のメディケア・アドバンテージ・プランのベネフィットよりも良いです。

また、通常のメディケア・アドバンテージ・プランの申込は、年に一度のオープンエンロールメント期間のみで、いったん1月1日を迎えたら、その1年間は同じプランに加入し続けるのが通常ですが、メディ‐メディの方は、なんと9月30日までなら、3か月に1回、つまり最大3回のプランの乗り換えが年の途中で可能なんですね。

メディ‐メディ・プラン、すごい良いです!私の方でもプランのご案内をすることができますので、気になる方はお気軽にご連絡ください!

スポンサーリンク
adsense1
adsense1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
adsense1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください